忍者ブログ
  • 2017.10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017.12
【予想】名古屋・スーパージョッキーズトライアル
第3戦・第4戦
※結果追記
凄く見に行きたかったのですが、いろいろあって断念です_| ̄|○。
その代わりというわけではないのですが、10・31大井JBCは、現地での
観戦を予定しております。

あー、モツ串食いたい。GⅠ焼き食いたい。サトル節に萌えたい。

それでは、予想へ。馬券は、前日夜間前売り窓口で仕込んできました。
各地区のトップジョッキーが揃うと、12頭を6頭まで絞るだけでも一苦労です…。

【第3戦・シルバーサドル賞】
◎ジーンジニー(佐賀・鮫島克也)
○カンドーレ(高知・赤岡修次)
▲ベルモントメビウス(愛知・岡部誠)
△ミズサワジョンコ(荒尾・杉村一樹)
×オペラシホウ(川崎・今野忠成)
×パインクール(北海道・五十嵐冬樹)


基本的に、前に行った馬はそう簡単には止まらないのが今開催も含めて、
ここ最近の土古の馬場の傾向。逃げられる馬は非常に有利。

過去2走はマイル戦で逃げて2着、1着。5走前には1400戦で逃げ切り勝ち。
ハナに立てないと脆いところもありますが、ごちゃつきにくいこの枠であれば
ジーンジニーが逃げ切れてもいいのでは。
スタートが決まれば、"キングシャーク"鮫島克也がきっちり決めてくれる
ことでしょう。

相手には、前に行けそうなカンドーレベルモントメビウスミズサワジョンコ
流れが速くなるようであれば、オペラシホウが差してくるという事も
無きにしも非ずだろうし、近走不振のパインクールも、先行できさえすれば
穴を開けられるのでは。

《買い目》
・馬連
 ◎-○▲△××


【第4戦・シルバーブーツ賞】
◎メイショウゴーオン(岩手・小林俊彦)
○ゴールドターン(川崎・今野忠成)
▲テーマミュージック(笠松・東川公則)
△フジセレージャ(佐賀・鮫島克也)
×シンメイスイフト(愛知・岡部誠)
×ラピスレヴェリオン(高知・赤岡修次)


近走は、安定した先行力を見せ、敗れても勝ち馬からはあまり差のない
走りができているメイショウゴーオン。外枠にはどちらかといえば
差しタイプの馬が揃ったので、内外から挟まれてえらい目に遭うと
いうことは起こりにくいかも。すんなり行ければ、逃げ切りまであるかも。

勝てなくとも、前に行ければ渋太さを見せるゴールドターン
地力では上位だろうし、今年の正月に騎乗経験があるというのはかなり有利と
思われるテーマミュージック。前走では差し・追い込みが不利な馬場という点を
もろともせず、豪快に追い込み、見事勝利したフジセレージャ
ここ最近のマイル戦での時計面ではやや見劣りはするけれども、A2組特別
での好走歴があるなど力量では引けはとらないはずのシンメイスイフト
相手候補に。
最内枠を活かして、押して叩いて無理やりにでも前に出ることができたのなら、
4走前、6走前のように波乱を引き起こせるラピスレヴェリオン
押さえておくと、もしかしたらいいことがあるかも。

《買い目》
・馬連
 ◎-○▲△××


2戦とも非常に難解に思えるレースですが、誰もが驚くくらいの熱戦が
繰り広げられることを期待したいですね。

(10月27日9時10分頃追記)
やっぱり、どうにかして都合を付けていけばよかったなと、
今さらながら後悔しています…。

【第3戦・シルバーサドル賞】
ハズレ。
ジーンジニーは、ほんの少しだけゲートの出が良くないように見え、
鮫島が出鞭をくれて前に行かせるという序盤の動き。すんなり行けさえすれば
とは思いましたが、仕方がないですね。
ただ、スタートさえ決まればいい感じの走りができる馬だと思うので
ここでの見限りは不要ですね。

【第4戦・シルバーブーツ賞】
ハズレ。

最低人気のラピスレヴェリオンは前に行ければということで押さえましたが、
鞍上が的場文男であっても、11番人気のグローイングは買えませんでした。
近走が不振であっても、乗り代わった騎手の腕と、展開一つであっと驚く
結果が出るジョッキー招待レース。まさか押して押して前に出て、
コーナーワークも生かしてハナに立ち、そのまま逃げ切るとは。
恐れ入りました。

こういうレースでは新聞の印など全くあてにならないので、
NAR公式の出走表の情報と勘wだけで馬券を買いました。
予想はムチャクチャ難しく、当然のごとく玉砕でしたが、
自分なりの予想を組み立てる過程の楽しさは、他のレースとは
違ったものがありました。
今後もこういうレースはたびたびあるだろうし、土古でも
行なわれると思いますが、今度はライヴ観戦で予想とレースを
楽しんでみたいものです。

拍手[0回]

PR
【2007/10/26 02:52 】 | 地方競馬予想 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<【予想】京都・第50回スワンステークス(GII)
東京・第12回武蔵野ステークス(GIII)
※結果追記
| ホーム | 【予想】京都・第68回菊花賞(GI)
※結果追記
>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















トラックバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]