忍者ブログ
  • 2017.09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017.11
【予想】名古屋・第8回梅見月杯(SPI)
※結果追記
さて、あと約1ヵ月後に迫った名古屋大賞典のトライアルレースがやってきました。
登録のあったキジョージャンボが回避というのが、ジャンボ好きのワシには
大変残念ではありますが、それを差し引いても、実にいいメンバーが揃い、
予想や観戦のしがいのあるレースになりそう。わくわくします。
仕事を早退して(休みが取れないのが辛い…)、土古へ突撃です。

◎ウイニングウインド
○ムーンバレイ
▲ビッグドン
△チャンストウライ
×コスモスパーブ


実績だけでいけば名古屋グランプリ4着、白山大賞典2着のビッグドンなのですが
距離がわずかに短いのではという気がするし、この枠順で、スタート直後に
第3コーナーが来る1800m戦で馬群を捌いて、馬にとっての好ポジションである
中団あたりを確保できるのかという点も少し不安。
人気しそうなチャンストウライにしても、まだ地方ダートでは底を見せていないと
言っても、土古コースは今回が初めて。園田とは違い、平坦でコーナーもゆるい
コースだし、ペースの違いに対応できるかどうか。さらに、主戦の下原が負傷の
ため、大山真吾に乗り代わりというのも気になる要素。
個人的には『大山>下原』という認識ですが。

であると考えるのならば、やはりここは地元馬から行きたいところ。
ここまで書けば、ワシの中では2択ですが、本命を打つとすれば、
重賞3勝のウイニングウインドで。
今年の3戦もしっかりと結果を残しているこの馬。差しの効きづらい現状の土古の
馬場で、後ろから確実に差を詰めることができるし、折り合い面も問題はナシ。
今回はテン乗りの岡部誠ですが、岡部だったらその辺を気にすることもない
でしょう。不安は、仕掛けるタイミングの遅れで届かず、ということくらいか。

ムーンバレイもウイニングウインドとは差がないし、◎を打つに値する実力の
持ち主。ではあるものの、折り合い面では若干の不安が。前走・マイル争覇
ではウインドにきっちり捕らえられ、2走前・名古屋記念では、2kg重たい
レイナワルツに差されるということも。一線級に混ざると、詰めの甘さというか
もう一押しが足りないかという印象もありますが、一時は、東海公営現役最強説も
挙がるほどの力の持ち主。
いろいろあったけれども決して心は折れていないことをここ数日の騎乗ぶりで
証明している吉田稔の手綱捌きで、力を存分に発揮することを期待していいかも。

もう一頭挙げるとすれば、転入初戦となる尾張名古屋杯での末脚が鮮やかなもので
あったコスモスパーブ。前走で離された4着というだけで見限るのは早計という
気もします。

《買い目》
・3連単フォーメーション
 ◎→○▲→○▲△×(6点)

パドック次第で△、×の取捨や取り扱いを考えたいところではありますが、
こんな感じで。
(2月24日8時30分頃追記)
※買い目を以下のように変更。
・3連単フォーメーション
 ◎→○▲→○▲△(4点)
 ○▲→◎→○▲(2点。追加購入分)

ハズレ。

仕事を早退して、大井競馬の広域場外発売を売っているあたりに現地へ到着。
重賞なんだから、もう少しお客さんがいてもいいと思うのですが…。残念。

パドックで、可もなく不可もなくと感じたコスモスパーブ絡みの目をやめ、
減った分を◎の2着付けフォーメーションに回しました。×をカットしたのは、
まあ正解ではありましたが、馬券を外してしまってはねえ。

このところもどかしいレースが続いていたムーンバレイ。さすが稔やな、と
唸らされる見事な手綱捌きで逃げ切り勝ち。1度騎乗経験があるとはいえ、
重賞できっちり結果を出すというのは、さすがです。
心は折れてなんかいないですね。
やや重という馬場状態と、差しが効きづらい現状も考慮したのか、ハナに立ち、
そのまま一人旅。2周目3コーナー手前や最後の直線では外に逃げてしまう
ような素振りを見せ、それを鞍上が軌道修正するということも見られましたが、
それを差し引いても完勝。やはり、ここ数戦の敗北は、力を出し切れていないと
見ていいのでは。
優先出走権を得た名古屋大賞典。1900mは長いのではという声も
あるみたいですが、今回同様、すんなりハナを切れるようなことがあれば、
侮れないでしょう。
鞍上は、やっぱり稔なのかなあ。

そんなに強いかなあと思っていたチャンストウライ。ですが、2コーナーを出た
あたりからガンガン追い出し、最終コーナーでは勝ち馬に並びかけるという
場面も。このときは、マジで「やられた。」と思いましたが、ムーンバレイが
逃げて楽をしていた分の差でしょう。園田のレースを見ていると、どの馬も
2コーナーを曲がりきると、物凄い勢いで追い出しにかかるという感じが
するのですが、そういったレースをしている分、ここでも同じように動けて、
負けはしたものの、あわやという場面が作れたのかという気がします。
自分が思っていた以上に強いかも、この馬。

それにしても、ビッグドンは案外でしたねえ。エースでは本紙◎。競馬東海でも
確か本紙は○だったように記憶していますが、この結果は予想外。同じような
位置にいた○、△に比べれば伸びも一息という印象。枠順も影響したのかも
しれませんが、もっとやれていいはず。
ただ、一度乗り変わったほうがいいのかもしれないという気はします。

拍手[0回]

PR
【2007/02/23 03:30 】 | 地方競馬予想 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<無事に戻ってきてくれ…。 | ホーム | ドッキドキ!SPAMメール
~早く料金請求してくださいよ の巻~
>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















トラックバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]