忍者ブログ
  • 2018.06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2018.08
【予想】盛岡・第20回マイルチャンピオンシップ南部杯(統一GI)
※結果追記
いろんな方面の都合さえつけば、盛岡に行って、力の限り、
あの馬を応援していたのですが、結局断念です_| ̄|○。
その代わりというわけではありませんが、笠松から、
オーロパーク方面に向けて強い念を送りたいと思います。

このところは買っていなかった『競馬エース』のネット版を久々に
ダウンロード購入しました。たまにはということで。
そういや、本来の新聞タイプのものも、随分買ってないですなあ。

◎ブルーコンコルド
○キングスゾーン
▲サンライズバッカス
△ワイルドワンダー
×サイレントエクセル


左回りは、右回りほど信頼感を置けないところはありますが、
昨年のこのレース優勝をはじめ、昨年のJBCマイル優勝、
かしわ記念では昨年2着、今年は優勝と、地方の左回りコースでは
崩れていないブルーコンコルド。あまりその点を
気にすることはないか。放牧後もしっかり乗り込まれており、
不利を受けるとか、前が塞がって脚を余すとか、そういったことがなければ
力は出せるのでは。

そして、無理は承知ですが、やはり一角崩し以上を期待したくなるのが
我らがキングスゾーン&安部幸夫。
左回りでは(0304)とまだ勝ち鞍はないものの、経験したレース数自体が
少ないし、さきたま杯、彩の国浦和記念、スパーキングサマーカップで
それぞれ2着があるなど、決して悪くはない走りぶり。
距離も問題ないでしょう。前走で逃げたジンクライシス、オグリスキー
あたりの出方次第でしょうが、必勝パターンである先行抜け出しを
狙うことは十分にできそう。他馬と合わせる形になれば一番いいのでしょうが、
地力強化が著しい今なら、そうならなくとも力を発揮できるのでは
なかろうかと思います。

"追い切り本数が足りない"というような陣営の発言もあるものの、コース形態の
良く似た府中コースでも良績があり、力の面でも問題ないサンライズバッカス
初の地方遠征がどうかと思うけれども、ここ最近のように、しっかり後方で溜めた
脚を直線で爆発させることができれば、大物食いもありそうなワイルドワンダー
今思うと、メンバー的に疑問符ではあるもののダービーグランプリ3着の実績も
あるし、マーキュリーカップ後は3連勝と、勢いに乗るサイレントエクセル
このあたりを押さえておきたいものです。

久々のレースとなるカフェオリンポスは、地力が頼りでしょうか。
ノボトゥルーも気になる1頭ではありますが、寄る年波というヤツかも。
この2頭に関しては、自分なりに良く見えたら、買い足しましょうか。

《買い目》
・馬単
 ◎←→○、◎→▲△×
・3連単
 ◎○→◎○▲△→○▲△×(16点)
・単勝
 ○

単勝に関しては、応援馬券です。
キングスゾーンは、状態次第では、僚馬のウイニングウインドとともに
JBC参戦のプランもあると聞きます。大井でのナイターレースに向けて、
大きく弾みをつける一戦になることを、心から願いたいものです。

(10月9日0時10分頃追記)
馬単◎→△的中。

結局、今日からシリーズが開幕した笠松へ行き、本場のレースを観戦した後、
そのまま広域場外発売での観戦でした。
場内では『盛岡競馬場で実施されます、マイルチャンピオンシップ競争の
場外発売を…』という感じのアナウンスが頻繁に流れ、そのたびに、
心の中で(違うやろ…。)とぼやいておりました。"南部杯"とだけ言うのなら
まだしも、この程度のミスはしてはいけないと思うのです。
というよりも、誰も訂正する人がいないというのもどうかと思いますが。

好スタートを決めハナに立つキングスゾーン、そしてそれを直後のインコースで
ガッチリとマークするブルーコンコルド。もうこの時点で、『そのまま、そのまま、
そのまま…』とつぶやいていました。冗談でもなんでもなく。

そのまま決まってしまえば、もう言うことはなかったのですが、やはり
ブルーコンコルドは強かった。あっさり突き放して見事連覇。
まだまだ簡単には勝たせてもくれないし、相手にもしてもらえなかったと
いう気がしました。7歳という年齢での勝利に対して、某サイトで
『年寄りがどうの』などと言っていた(自主規制)がいましたが、
そういうことは、あまり気にしないでおきましょう。
年齢に関わらず、強い(とされる)者が結果を出すというのは、
競馬に限らず、勝負事の常じゃないですか。


ワイルドワンダーからも大きく離され、最後はカフェオリンポスとの
叩き合いとなったあと、本当にわずかな差での4着入線。
馬券的にも、東海公営ファン的にも大変残念な結果でしたが、
アウェーでの戦いで、毎回見せ場たっぷりの好勝負を展開できる
ようになったキングスゾーンの成長ぶり、そして、ここまでのレベルに
育て上げた陣営の努力には何とも言えないものがあります。
ではあるものの、もう、好勝負を繰り広げるだけでは済まされない、
結果を出さなければならないレベルの馬になったことは確かです。

中間に何事もなければ、おそらくこのあとはJBCに向かうのだろうし、
東海地区代表、地方競馬代表として出走するだけの資格は問題なく
持ち合わせていると思います。
あえて実名を挙げますが、タイキサファリや、ニシノゴードンなどの
ように『出走手当てが目当てだ』などと陰口を叩かれることも、
おそらく少ないことでしょう。
大井のカクテル光線に照らされたキングスゾーンの雄姿を
この目に焼き付けたい。そして、その走りに対して全力で声援を送りたい。
東海公営ファンの一人としてそう思うのです。

拍手[0回]

PR
【2007/10/08 03:52 】 | 地方競馬予想 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<【予想】東京・第9回東京オータムジャンプ(J・GIII)
※結果追記
| ホーム | 【予想】東京・第58回毎日王冠(GII)
    京都・第42回京都大賞典(GII)
※結果追記
>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















トラックバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]