忍者ブログ
  • 2019.08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2019.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2019/09/16 10:14 】 |
【予想】中山・第141回 中山大障害(J・GⅠ)
まずは、一言。

世間が有馬記念に走るので、
私、中山大障害を独占させていただきます

ああ、すっきりしたw
わかる人にはわかるネタですね。
有馬記念などには、特にこれと言った思い入れなども
ないので、年末のこの時期のバカ騒ぎ(あえてこの表現)
には、正直うんざりします。
別に有馬記念だけが年末の競馬じゃないし、日本のどこかで
毎日競馬は続くし、競馬にシーズンオフなどないんです。
※意見には個人差があります。

さて本題に。
中山グランドジャンプ三連覇、中山大障害二連覇の
オジュウチョウサンが有馬記念出走を表明し、今年は
やや混戦模様かという感じを受けます。
-----------------------------------------------------------------
ここからは少々余談。
平地障害の二刀流、なんて言い方もされますが、
一部スポーツ紙に掲載されたインタビューなどを見る
限りでは、オーナーは、どうやら二刀流ではなく
残念ながら障害から平地への転向と考えている
ようですね。
障害ではやり尽くしたみたいな発言もあったように
記憶していますが、残念ながら不勉強なようで、
カラジが成し得なかった中山グランドジャンプ四連覇と
いう、前人未到の大偉業が残っています。
また、日本に敵がいないなどと言うのなら海外に
目を向けるべきなのでは。グランドナショナルは
無理でも(飛越が低いし)、チェルトナムフェスティバルに
行きます、パリ大障害はどうだ、その程度のことくらいは
言ってほしかったですね、どうせなら。
どうもあの方の発言の端々には、障害は平地よりずっと下、
やっぱり競馬は平地の大レースを勝ってナンボ、みたいな
考えが見て取れて、どうにも好きになれません。
俺がオジュウチョウサンと一緒に障害戦を盛り上げてやるぜ
とでも、たとえ冗談でも言ってくれたらよかったのに。
競馬にかける情熱、思いは強いとは思うのですが。
(余談ここまで)
----------------------------------------------------------------
それでも、多士済々のメンバーが揃いました。
中の人は今年も中山競馬場まで出かけます。
記録と記憶をたどると、何事もなければ7年連続の参戦に。
有馬記念に負けないくらいの熱いレースを期待します。

◎アップトゥデイト
○ルペールノエル
▲マイネルプロンプト
△ニホンピロバロン
×タイセイドリーム

過去二年、直接対決では一度も先着できなかった
オジュウチョウサンがいないここなら、アップトゥデイト
押し出される形で、というのは少々失礼にはなりますが、
主軸に推されるのは致し方ないでしょう。
とはいえ、実績、実力はこの中では抜けた存在。
前々でのレースができ、その気になれば昨年の大障害のように
あっと言わせる大逃げを打つことも可能。
切れる脚はないものの、バテない強みを生かして、早め早めの
レースをして後続を突き放すレースを期待したいものです。

大障害では二年連続三着のルペールノエル
レースの流れで道中の位置取りも変わってくるかと思いますが、
それなりに前に行けるし、後方に構えて、溜めて溜めてドン、
というレースもできる馬。コースを問わずに好走し、見せ場を
しっかりと作ることができる安定感は魅力。

確たる逃げ馬不在のこのレース、先行力があり、内目を引いた
マイネルプロンプトが逃げの手に出るという展開も
あり得るかも。飛越も上手で、中山コースも得意。
初挑戦となる大障害コースへの対応がカギになりましょうが、
内枠を利して、ロスの無いレースができれば。

以下、今年のグランドジャンプは高速決着とはいえ、◎から
1秒4も離されての三着ということで力関係がどうか、今年は
今ひとつ乗れていない感のある鞍上という点が気にはなるものの、
中山コース自体は問題なく、障害戦では底らしい底を見せて
いないニホンピロバロン
どちらかというと右回りよりは左回りというイメージを受ける
戦歴、終いに賭ける不器用な走りという印象、と言った
点が個人的にはマイナスではあるものの、何だかんだで直線では
しっかり伸びてくるタイセイドリームまで。

《買い目》
・馬連
◎-○▲△×

平成最後の中山大障害。何度でも言いますが、熱いレースを
期待したいと思います。

拍手[0回]

PR
【2018/12/21 23:34 】 | 中央競馬予想 | 有り難いご意見(0)
<<【予想】中山・第21回 中山グランドジャンプ(J・GⅠ) | ホーム | 【予想】東京・第20回 東京ハイジャンプ(J・GⅡ)>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]