忍者ブログ
  • 2017.08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017.10
【予想】阪神・第19回 阪神スプリングジャンプ(J・GII)
今年も、この記事が、一年の始まりの投稿となります。
ツイートするくらいの元気、やる気をこちらにも向けられればいいのですが…。

今回は、登録12頭、その中からルードヴィヒコードが回避して11頭立て
という形での施行。今年の見どころは、何と言っても、アップトゥデイトと
オジュウチョウサンの再戦。関西地区では初めてのマッチアップ。
2015年と2016年の最優秀障害馬、昨年末の大障害での1・2着馬が
早くもぶつかり合います。
どちらの馬にも、いや、どの馬にも頑張ってもらいたいものなのですが、
このレースは、マニアの間ではすっかりおなじみとなった
逆出世レースでもあります。重賞勝ち馬が7頭も揃ったここで、
こんなことを言うのも正直どうかとは思いますが、まずは全馬の無事完走、
そして、訳の分からないジンクスの発動が起こらないことを願いたいものです。

◎アップトゥデイト
○オースミムーン
▲オジュウチョウサン
△ドリームセーリング
×タイセイドリーム

オジュウチョウサンの実力、昨年一年間の大躍進は、障害レースファンの
誰もが知るところ。東京ハイジャンプでは万事休すかと思われた
終盤での大ピンチをはねのけるメンタル面の強さも見せました。
心身ともに充実期にあるこの馬ですが、敢えてあら捜しをするとなれば
平地時代も含めて、関西圏でのレースを一度もしたことがないこと。
輸送という観点から見ても、美浦から最も遠いところでのレース経験が
福島での2戦のみ。
※2014年11月、未勝利戦14頭立て14着。
 2015年11月、平場オープン、8頭立て1着。
陣営もそのあたりは対策を十分に講じているはずでしょうが、環境の
激変に対応がどれだけできるのか。そして、関西圏のレースは、
関東に比べれば流れも速い傾向。距離が3900mあるので、道中はそれなりに
ゆったりと流れるとは思いますが、レースの質は明らかに違うもの。
これまでに勝ってきたコースよりも平地力は必要な阪神コースで、
2戦未勝利で平地にあっさりと見切りをつけられたこの馬が
脚力勝負でどこまで力を発揮できるのか。全幅の信頼を置くわけには
いかないのではと思うのです。
また、これはアップトゥデイトにも言えることですが、あくまでも
本番は次走。仮に負けてしまったとしてもいくらでも言い訳は効きます。

アップトゥデイトは、前述のとおり、負けても言い訳が可能な一戦では
ありますが、今回はホームでの戦い。地の利を生かしたレースは
できるのでは。ドリームセーリングあたりを制してハナに立つか、
好位に控えてのレースか、いずれにせよ前々でのレースになると
思います。スタミナ勝負には自信のあるこの馬。オジュウチョウサンよりも
早めに動き、相手の追撃を封じるレースができれば、春の大一番に
向けて、視界が開けてくると思います。

長期休養明けを一戦叩いたオースミムーン。極端に後ろからのレースに
なってしまうと、ほぼ勝ち目はないでしょうが、悪くても逃げ馬を見据えた
位置に付けるであろうオジュウチョウサンの後ろあたりを追走できれば
チャンスはあると思いたいです。

以下、展開面がカギではありますが、関西圏でのレースの流れにも対応できる
力の持ち主であり、逃げ・先行馬との行った行ったまで考えてみたい
ドリームセーリング
入障以来約半年で7戦という、矢作厩舎らしい使い込まれぶりではあるものの、
持ち前の平地力が生かせそうな良馬場見込みかつ、使い込まれていない馬場は
馬自身には合いそうなタイセイドリーム

《買い目》
・馬連
 ◎-○▲△×
あまりにもオジュウチョウサンに人気が集中するようならば、◎の単勝や
◎からの馬単ながしも考えます。

拍手[0回]

PR
【2017/03/10 23:33 】 | 中央競馬予想 | 有り難いご意見(0)
<<【予想】中山・第19回 中山グランドジャンプ(J・GI) | ホーム | 【予想】中山・第139回 中山大障害(J・GI)>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]