忍者ブログ
  • 2017.06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017.08
【予想】中山・第139回 中山大障害(J・GI)
さて、今年も大障害の季節がやってきました。障害レースファンにとっては
年に二度の実力テスト。一年の総決算です。

毎年のことではありますが、今くらいの時期になると世間一般の競馬ファンや
競馬マスコミは、有馬記念の話しかしなくて、もううんざりです。
他にもいろいろレースはあるし、それ以前に有馬記念ごときを当てようが
外そうが、明日からも競馬は毎日、どこかで続きます。
12月25日で競馬が終了するのではありません。
野球やサッカーなどのようにオフシーズンに入るわけではないのです。
まあ、別に他人のことはどうでもいいです。勝手に大騒ぎしてもらいましょう。

みんなが有馬記念に走るので、
私、中山大障害を独占させてもらいます。

今の気持ちは、冗談抜きにしてこんな感じ。プヲタであればピンとくる
フレーズですね。

そんな私は、今年も中山競馬場へ向かいます。競馬ファンを自称するのなら、
有馬記念もいいけれども、中山大障害こそ、現地で観戦してほしい。
平地も障害も同じ競馬。平地のレースでは見えない魅力がそこにあります。

◎アップトゥデイト
○オジュウチョウサン
▲ルペールノエル
△ドリームセーリング
×マキオボーラー

昨年グランドジャンプと大障害を制したアップトゥデイト、今年の
グランドジャンプを勝ち、早々と障害リーディングを確定させた
鞍上とともに臨むオジュウチョウサン。果たしてどちらが強いのか。
非常に気になる点ではあります。

オジュウチョウサンは、グランドジャンプを勝ち、府中での2戦も強い勝ちっぷり。
10月の東京ハイジャンプは、空馬に絡まれ万事休すかという局面からの
逆転勝利を見せ、精神面での大きな成長も感じさせました。
近走の好調さ、成長ぶりには目を見張るものがありますが、マイナス点を
挙げるとすれば、近走での相手関係。
グランドジャンプは、正直なところ、ライバルはサナシオン1頭であり、
どこで捕まえに行くかという、そこだけがポイントとなる一戦。
東京ジャンプステークス、東京ハイジャンプも、相手関係は軽いもの。
弱い者いじめというと語弊はありますが、強い相手と
本当の意味での厳しい戦いを重ねていないという印象も受けます。
今の充実ぶりならアップトゥデイトとは互角以上の戦いはできそうですが、
厳しいレースになったときの底力という点に一抹の不安を覚えます。

アップトゥデイトは、入障以来馬券の対象にならなかったのが、去年の
阪神スプリングジャンプと、今年の新潟ジャンプステークスのみ。
安定感という点ではメンバー随一。経験したレースの質もなかなかのものであり
昨年と今年のグランドジャンプの走破タイム等も考えると、底力という面では
オジュウチョウサンを上回るものを持っていそう。
恐らくは、逃げるであろうドリームセーリングあたりの番手か3番手あたりを
取りに行き、『4コーナーがゴールのつもりで』動いて行き、力でねじ伏せに
かかるレースを狙うのかも。今年はまだ未勝利ですが、去年のあの輝きを
もう一度見せてもらいたいものです。

以下、重賞初挑戦かつ、中山は一戦して7着と、ここでどこまでできるか
でしょうが、ここ一番で勝負強さを見せる鞍上が、溜めて溜めて、末脚を
爆発させるレースを見せれば、一角崩しも夢ではないルペールノエル
中山では結果は出ていないもののレース経験は豊富で、枠も生かしてすんなり
先行がかなえば、前走のような番狂わせも可能なドリームセーリング
昨年は11着ではあったものの、今年の二走は先行力を生かして好成績を
残しており、展開一つで逃げ粘りもありそうなマキオボーラー

《買い目》
・馬連
◎-○▲△×

拍手[0回]

PR
【2016/12/22 23:19 】 | 中央競馬予想 | 有り難いご意見(0)
<<【予想】阪神・第19回 阪神スプリングジャンプ(J・GII) | ホーム | 【予想】東京・第18回 東京ハイジャンプ(J・GII)>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]