忍者ブログ
  • 2017.09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017.11
【予想】名古屋・名古屋リーディングジョッキー ケンタウロスカップ※結果追記
さて、今年も、新年の土古名物のジョッキー選抜戦です。
前年度の勝ち鞍上位12名が腕を競い合うわけですが、
一応、NAR公式の『データルーム』での検索で、出走ジョッキーの
成績を確認しておきましょうか。
※数字は、勝ち数。丸野、宇都は、負傷欠場。

1 岡部誠 145
2 丸野勝虎 104
3 宇都英樹 96
4 兒島真二 92
5 安部幸夫 86
6 大畑雅章 79
7 倉地学 79
8 吉田稔 73
9 戸部尚実 68
10 宮下瞳 60
11 山本茜 54
12 柴田直樹 53
13 竹下太 48
14 柿原翔 40

竹下、柿原の両名が繰り上がり出場ですね。
去年も書いたのですが、今年も書かせてもらいましょう。
もっと頑張れ、小山信行。嫁に負けるな。
※24勝で19位

◎ウォータートリック(倉地学)
○デスペハード(安部幸夫)
▲マルブツクロフネ(竹下太)
△シンメイスイフト(兒島真二)
×ソングフォーユウ(吉田稔)
×リスポンスフウジン(大畑雅章)


実力・実績面では昨年のこのレースの勝ち馬でもあるデスペハードが抜けた
存在ですが、いかんせん昨年5月以来の出走。能試を受けて、態勢は整っては
いるのでしょうが、さすがに本命にはできません。勝ったら、その時は
あきらめますが。

差し追い込みが効きづらく、多少無理をしても前に行った馬が残って波乱を呼ぶ
今開催の馬場。前に行ける馬を軸にしたいところではありますが、ここは
あえて、中央からの転入後2連勝とまだ底が見えていない差し馬の
ウォータートリック
から。
ここ2走の勝ちっぷりは非常に強いものであるし、前走のB1組特別で
距離も問題ないことを証明。差してもいいし、転入前の昨年9月には
逃げて2着というレースもできているので、場合によっては逃げてしまっても
いいか。倉地学がこのレースを2連覇しているというのも心強くて。

以下、休み明けとは言っても地力は文句なしだし、安部幸夫が(5310)の
騎乗実績を残しているデスペハード
距離はやや微妙かという気もするけれども、スタート後すぐにコーナーが来る
1800m戦ということもあり、押して叩いて前に出て粘りこみを図りそうな気がする
マルブツクロフネ
どちらかというと差し馬のイメージだけれども、4走前には逃げ切り勝ちと、
自在性を持つシンメイスイフト
このところは今ひとつの成績とは言っても、やはり吉田稔だし、乗り方次第で
どうにかなりそうなソングフォーユウ
1800戦は(0201)と実績があり、走りが非常に堅実であるリスポンスフウジンを。

《買い目》
・馬単
 ◎←→○▲、◎→△××
・3連単
 ◎→○▲△→○▲△××(12点)

(1月4日23時頃追記)
馬単◎→×的中。

やはりこういうレースでは有力馬を引き当てる運も必要ではあると思うのですが、
それでも、不確定要素の多いジョッキー対抗戦で3連覇というのはお見事です。
ウォータートリックは、逃げもあるかなとは思っていましたが、すんなり
逃げられたことを差し引いても強い勝ちっぷり。『もう一丁』は十分あるのでは。

3着のサンキンエンプレスは印が回らなかった、というか回さなかったのですが、
やはり、距離適性があるということなのでしょう。1800m戦には実績が
あったわけだし。茜ちゃんも、これくらいの距離のほうがゆったりと構えて
乗れるのでしょうか。思わず「茜、空気嫁!」と叫んでしまった秋の鞍オープン
などのこともあるわけだし。

拍手[0回]

PR
【2007/01/04 02:17 】 | 地方競馬予想 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<おぎのや・峠の釜めし | ホーム | long shot 2007>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















トラックバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]