忍者ブログ
  • 2017.10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017.12
【予想】名古屋・第8回名古屋グランプリ(統一GⅡ)
※結果追記
世間一般では飛び石連休を満喫する人が多いのでしょうが、ワシはというと、
月曜日を休みとした職場のカレンダーのせいで、今日は普通に出勤です。
それでも、無理やり半休を取ったので、昼過ぎに土古へ突撃します。

小回りコースで2500m戦を組むなとか、いろいろ意見のある人はいるみたい
ですが、とりあえずは、目の前のレースを見て、馬券を買いたいと思います。
ワシとしては、レースレベルがどうであろうが、普段土古には見向きもしない
自称競馬ファンが一日だけでもやってきて、それなりの額のお金を落として
くれるのであれば、こういうレースであっても組むべきではと思います。
ハンデ設定を厳しくするとかして、馬券的に少しでも面白くする工夫は必要
でしょうが。

◎メイショウトウコン
○ヤマトマリオン
▲ワンダースピード
△ボランタス
×ムーンバレイ


前走での激走の疲れが気にはなりますが、この相手関係なら
メイショウトウコンで仕方のないところでしょう。あまりにのんびり構えて
しまうと差し届かずということはあるかもしれませんが、名古屋大賞典のように
早めに動いて力でねじ伏せるレースができれば大丈夫でしょう。

どちらかといえば差しタイプのヤマトマリオンですが、前走のようにある程度
先行するレースもできるし、スムーズに運べればここでも力は出せるでしょう。

前走と同様に内枠を引いてしまったワンダースピード。序盤にある程度
積極的に動いて、前を塞がれない位置を取れさえすれば何とかなるでしょう。
位置取りのミスだけが不安点ですが、小牧はそのあたりも考えて乗るはず。

レースを見たことはないのですが、馬柱を見る限り、ボランタスは、先行して
粘りこむタイプなのでしょう。ウッチーが乗れなくなったのは残念ですが、
土古での騎乗も多い東川であればさほど気にすることはないでしょう。
前々でのレースができれば。

前走では好位の外目を追走し、差し切るも、オープン大将のセンゲンゴローの
逃げを捕らえるのにかなり苦労したという印象を受けたムーンバレイ
好位からのレースで一応の結果を出せたのはいいとは思いますが、やはり
逃げたほうがいいのかもしれません。センゲンゴローが出走取消となり、
他馬にも、積極的に逃げそうな馬が見当たらないので、逃げてしまうのかも。
ペースを握ることができれば決して侮れないでしょう。

あえてチャンストウライは無印に。コース適性は問題ないし、昨年のこのレースで
3着など、距離適性も十分。なのですが、今回は叩き2走目とはいえ、前走が
見所のないレースぶりでの大敗。力は確かだし、自主能検2走も含めて
しっかりと稽古を積み態勢は整えてきたのですが、勝ち馬から4.5秒も差を
つけられての負けからの巻き返しというのは、常識的に考えると厳しいものが
あります。3連単の3着なら、という気がします。

《買い目》
・馬単
 ◎→○▲△×

何事もなければメイショウトウコンが力の違いを見せてくれると考えて、
この買い目で。強弱をつけて、ガツンといきます。

(12月25日0時15分頃追記)
ハズレ。

諸般の事情により、今頃になっての追記です。
仕事を昼で早退し、ボートピア名古屋を経由しての土古入りでした。
ちなみに、賞金王決定戦もダメでした。ド素人なのに、変にひねった目を
買うからです。井口の2着固定なんて、かなり無茶でしょうが。

もう少し入っているかなと思いましたが、祝日&グレードレース開催日らしい
まずまずの客入りだったように感じられました。

2周目2コーナーあたりから抜群の手ごたえで進出し、4コーナーでは大外を回って
そのまま捲りきって勝ってしまうかに見えたメイショウトウコンでしたが、
残り100mくらいのところでワンダースピードに突き放されての2着という結果。
インコースや先行馬有利のこの日の馬場、好位のインコースをロスなく回り、
2周目向正面で前の馬を上手く捌けた勝ち馬との位置取りなどの差が、
この結果をもたらしたかという気がします。

パドックでは全然良く見えないメイショウトウコンでしたが(いつもあんな感じと
いうことらしいですが)、小回りコースには不向きな追い込み脚質で一応の結果は
出すあたりは、大したものではあります。

ひそかに期待していたムーンバレイでしたが、+13kgの馬体重、逃げた
ヤマトマリオンの外目につけたあとは、稔が何とかこらえさせたとはいえ、
とにかく行きたがっていたということがあれば、敗戦もやむなしでしょうか。
でも、サンエムウルフにまで負かされてしまうとは。ちょっとショック。
東海菊花賞を見た限りでは、番手あたりでもどうにかなるかと思わせて
くれましたが、やはり、本質的には逃げ馬でしかないということなのでしょうか。

チャンストウライは、JBCクラシックよりは格段に内容は良くなってはいましたが、
完全復活までには、やはりもう少し時間がかかるということか。
馬券的な狙いは次走、2走後あたりでしょう。

メイショウトウコンで間違いないと思い、今年最大級の大勝負(他の人から見れば
大したことのない額ですが)をかけましたが、男らしく勝負したのが、ものの見事に
裏目に出てしまいましたw。

馬券下手なんだから、ウラ目を買うとか、馬連でながすとか、そういうことを
しないとダメですね。毎度のことながら、しょっぱいよ。

拍手[0回]

PR
【2008/12/23 02:22 】 | 地方競馬予想 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<【予想】中山・第131回中山大障害(J・GI)
※結果追記
| ホーム | 【予想】中山・第60回朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ)
※結果追記
>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















トラックバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]