忍者ブログ
  • 2017.10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017.12
【予想】名古屋・第38回東海ダービー(SPⅠ)
※結果追記
各地で熱戦が繰り広げられた、今年のダービーWeekも、この一戦が最後。
今年は、残念ながら、ここまでは九州ダービー栄城賞の馬券しか買えて
いないのですが、最終戦となる土古でのこのレースを、ビシッと当てて
みたいものです。

現地に突撃できないのが残念でなりませんが、前日夜間前売り窓口で
馬券は仕込んでおき、足りない分は、人に頼んで買ってきてもらう予定。
日中にネットに接続できないので、こうするより他ないのですが、
職場から、全馬の無事完走と熱戦、そして、できることならば馬券の的中を
祈りたいと思います。

◎サチコゴージャス
○シンプウライアン
▲ノゾミカイザー
△ノーブルシーズ
×クロスウォーター
×マイミカプリンセス


前走・駿蹄賞は、逃げたケイゾクを3コーナー手前で楽な手ごたえでかわし、
勝利は目前かと思いきや直線で失速。人気を裏切る形になってしまった
サチコゴージャスですが、もう一度狙ってみたいと思います。
3、4コーナーで息切れというのならともかく、止まったのは、残り150mくらいから。
昨年のシンメイジョアーのように、もしかしてマイルが限界なのかという
タイプなのかもしれませんが、道中の流れひとつで、距離は十分に克服できるはず。
枠順を考えれば逃げられそうだし、グラスゴーロック、ヒシウォーシイあたりが
行けば、控えるレースも可能。どちらの形でも結果は残しているので、そこから
折り合って流れに乗れれば、巻き返しはあっていいはず。

長い距離は問題ないし、距離や馬場状態を問わず、確実に追い込むことができる
シンプウライアンを対抗に。スプリングカップ、駿蹄賞ではいずれも届かず
でしたが、仕掛けのタイミングとレースの流れ次第では差しきれるかも。

駿蹄賞では差し脚を生かしきれず大敗したノゾミカイザーですが、
スプリングカップを勝った時と同じ兒島に手が戻ることで、見直したいところ。

後方から物凄い脚を使って一気に前をかわし去り、駿蹄賞の大波乱の立役者と
なったクロスウォーターですが、前走のB-1組特別戦の走りは、古馬との
レースということを差し引いても、それなりの脚を使っていたとはいえ、
案外なもの。やはり駿蹄賞は、展開に恵まれてのものとも言えるのかもしれません。
前が崩れてどこまで、というところでしょうか。
他馬に比べて詰まったローテーションや、『競馬エース』1面のコラム"今日の顔"に
選ばれてしまったことも、少し不安で。
※"今日の顔"で紹介されたゴールデンミション(尾張名古屋杯)は、4着。
 メイショウバトラー(かきつばた記念)は、3着。


輸送、初コース、イレ込みと、克服すべき点も多いノーブルシーズ
ではありますが、北日本新聞杯の勝ちっぷりは、圧巻の一言。
枠を生かして先行策を取れれば、ここでも。

転入初戦がいきなり1900mの重賞となったマイミカプリンセス
小回りコースで、序盤は、さほどペースは速くならなさそうなここであれば、
距離は克服できてしまうかもしれないし、根本的な能力が違う可能性も。

《買い目》
・馬単
 ◎←→○▲△××
・3連単フォーメーション
 ◎→○▲△→○▲△×
 ○▲△→◎→○▲△×(9点×2通り)
・3連単軸2頭ながし
 ◎→○▲△→×
 ○▲△→◎→×


画像にはありませんが、◎からの馬単は、厚めに仕込んでおきました。

(6月7日7時45分頃追記)
ハズレ。

いろいろあって、今頃の追記です。

いやあ、ヒシウォーシイですか。見事に頭が抜けです_| ̄|○。
外枠も生かして、揉まれることなく3番手の外目につけ、勝負どころでは
ハナに立っていたサチコゴージャスをマークし、ゴール手前で追い込むという
レース。道中の折り合い、手ごたえも十分で、終わってみれば、この着順にも
納得です。
馬の持つ力を評価できなかった自分自身の見る目の無さに、呆れてしまいました…。

流れひとつで巻き返しは可能ではないかと思い、期待したサチコゴージャス。
スタート直後に、隣の枠のグラスゴーロックに寄られてしまい、そこが少し気に
なりましたが、結局はハナに立ち、ペースを握る展開に。3、4コーナーでも
余裕が感じられ、直線でもギリギリまで追い出しを我慢していたように
見えましたが、やはりゴール手前ではもう一伸びができず。
某巨大掲示板の東海公営スレッドでは逆噴射と書いている人がいましたが、
そこまでバッタリと止まってはいなかったですね。確かに脚色は一杯でしたが。
2戦続けて1900m戦で複勝圏に絡めなかったということは、距離に限界がある
タイプだったということなのでしょう。マイル前後の重賞での活躍に期待を
かけるべきなのかも。

勝てはしなくても堅実に追い込むレースを続けてきたシンプウライアンは、
今回は、スタンド前あたりから早めに動くレース。これまでと同じレースでは
ダメだという判断なのか、差しづらい軽い馬場を考えてのことだったのかは
わかりませんが、結局は、伸びを欠き、作戦は失敗という形。
いつもどおり、末脚に賭けるレースをしたほうが良かったのではとも思いました。

ノゾミカイザーは、岡部よりは兒島の方が合っているのかもしれません。
クロスウォーターはあとわずかなところまで追い込みましたが、結局勝てず。
乗り方は悪くなかったですが、やはりこれは『競馬エース』のコラム
"今日の顔"の持つ負のパワーなのでしょうか。
半分本気、半分冗談で書いて
いますが、重賞レースでここに掲載されてしまった馬は、多少評価を下げる
くらいでいいのかもしれません。

拍手[0回]

PR
【2008/06/06 03:29 】 | 地方競馬予想 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<【予想】東京・第58回安田記念(GI)
※結果追記
| ホーム | 【予想】東京・第75回東京優駿(GI)
※結果追記
>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















トラックバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]