忍者ブログ
  • 2017.09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017.11
【予想】名古屋・第46回駿蹄賞(SPI)
園田・第8回兵庫チャンピオンシップ(統一GII)
※結果追記
Jpnなんて使う気もないし、面倒なので、今までどおりに書きます。
↑昨日の記事からのコピペ。

さて今日は、東海ダービーのトライアルとなるSPⅠ。
そして、GⅢを2勝するなど、土古を大いに盛り上げてくれた
ラムタラの代表産駒といっていいであろうマルカセンリョウの引退式も実施
(どこかの血統本でタニノエタニティが代表産駒みたいなことがかかれてましたが
それは違うじゃろうと思うのです)。
かきつばた記念を勝ってるんだから、昨日やるのが筋ではないのかとも
思うのですが、その功績を認められてのものなのだからその辺は、大目に見ます。
オーナーさんも、引退式に合わせて冠協賛レースを行うことだし。
間に合うように土古に突撃したいと思います。

【駿蹄賞】
◎シンメイジョアー
○ニシキコンコルド
▲ワイティタッチ
△マルヨフェニックス
×ネオプラネット
×ファイナルバンド


昨日のかきつばた記念でも2着と健闘(吉田豊がしっかりと内を閉めて
コーナーを曲がりきれば、頭まであったのでは…)したサチノスイーティーの
全妹に当たるシンメイジョアー。目下4連勝中で、一般編入初戦となった
前走A4平場では素質馬・センゲンゴローを相手にしない完勝劇。
姉のことを考えるとやはり距離がどうなのかという気もしますが、
得意の逃げに持ち込むには申し分のない大外枠だし、展開面も向きそう。
ここは、ペースをガッチリ握って逃げ切りか。

以下、出遅れ癖が気になるも、あまりひどいものでなければカバーできるだけの
二の脚は持っているし、やはりここぞというときの稔の手綱捌きに期待をかけたい
ニシキコンコルド
展開が向いた場合は別として、相変わらず差し・追い込みが全く効かない
現状の馬場では、やはりどれだけ前に付けられるかが鍵になるだろうけれども、
極端に後ろからにならなければ息の長い末脚が生かせそうなワイティタッチ
能力、実力は文句なしだけれども、このところの馬体減とスタートが今ひとつな
ところが不安なマルヨフェニックス。体がある程度戻っていなければ
バッサリ切ったり、3着固定などの手段も必要かも。
中央からの転入以来(5100)と、まだ底は見えておらず、馬場を考えれば
先行力は非常に魅力的なネオプラネット
いきなりはどうかとは思うけれども、道営→中央の戦歴はどうにも気になる
ファイナルバンド

《買い目》
・馬単
 ◎←→○▲、◎→△××
・3連単
 ◎○→◎○▲→○▲△××(15点)

マルヨフェニックスの状態には要注意でしょう。

【兵庫チャンピオンシップ】
◎フェラーリピサ
○コートユーフォリア
▲ヤマカツブライアン
△ゴールドキリシマ


残念ながら、ここは4頭立てと考えざるを得ないか。
ここ2走の惨敗から考えるとどう考えてもダート馬でしかないフェラーリピサ
鞍上も園田を知り尽くした岩田ということで問題ないでしょう。
あとは、先行力と鞍上の腕を考慮してコートユーフォリア
出負けだけが不安も、ダート戦の実績と先行力で、ヤマカツブライアン
初ダートが気になるも、枠と脚質を考えれば逃げてペースを握り
粘りこむであろうゴールドキリシマ

《買い目》
・3連単
 ◎→○▲△→○▲△


(5月5日18時30分頃追記)
ちょっと遅くなりましたが、書きます。

【駿蹄賞】
※マルヨフェニックスの代わりに、テラノロザリオを買い目に。
馬単▲→◎的中。

どうにもマルヨフェニックスが良く見えなかったし、もうちょっと
馬体が回復していてもいいのに…と思えてしまったので、バッサリ切り捨て、
角田先生の新聞紙上でのコメントどおりに馬体を絞って臨んだ
テラノロザリオを代わりに買い目に加えました。

ややペースは速いかなと思いながらも、快調に飛ばすシンメイジョアー。
馬場のこともあるのでこりゃ逃げ切るかと思いきや、3コーナー手前で
ガクッとペースダウン。2コーナーあたりからスーッと伸びてきた
ワイティタッチが一気に交わして、そのままゴールイン。
実績のある馬ではありましたが、こんなに強かったのか、という
驚きも感じました。父のロイヤルタッチを良く知らないので調べてみると、
善戦マン的なところはあったものの、中・長距離で堅実な走りをしていた馬。
それを思うと、勝ち馬は、距離は伸びていいタイプだったのですね。
今回と同距離で行われる来月の東海ダービーが俄然楽しみになってきました。

シンメイジョアーの失速は、ペース配分や、血統的なものもあるのでしょう。
それでも、ワイティタッチに交わされてから、もう一度盛り返し、
差し返すまでにはいたらなかったものの、マルヨフェニックスの追撃は
凌ぎきれました。やっぱり、地力は相当なものがあるのではという気がします。

バッサリ切ったマルヨフェニックス。今回は3着でしたが、先行した
ネオプラネット、ニシキコンコルドの失速がなければ、どうにか掲示板か
という印象は受けました。地力で何とかカバーできはしましたが、
馬体の回復が先決でしょう。

【兵庫チャンピオンシップ】
3連単ハズレ。

こっちは簡単に。
ちょっとミスはあったけれども、やっぱり、H.B.Bは素晴らしい。
って、まずそこからかよw。
買い目には加えてはいなかったけれども、ユキちゃんと川原は、GJでしたね。
それに引き換え、小牧と、ユタカのだらしないこと…。あのメンバーなら
何とかしないといけないでしょうが…。

拍手[0回]

PR
【2007/05/04 11:03 】 | 地方競馬予想 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(1)
<<long shot 2007を更新しました。 | ホーム | 【予想】名古屋・第9回かきつばた記念(統一GIII)
※結果追記
>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















トラックバック
トラックバックURL

兵庫チャンピオンシップ(JpnII)予想
今年のGW交流重賞3連戦のトリを飾るのは、ダートトップクラスの3歳戦。地方勢が頑
【2007/05/04 15:07】 | That's
前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]